ライオン歯科材料の専任歯科衛生士さんのお話を聞いてきました。

  • HOME
  • ブログ
  • ライオン歯科材料の専任歯科衛生士さんのお話を聞いてきました。

大人の虫歯は

  • 口腔清掃状態の不良
  • 虫歯原因菌が多い
  • 虫歯治療の充填物や被せ物の境目、露出した根面、矯正装置周辺、入れ歯の金具部分周辺
  • 薬剤による唾液量の低下
  • 食事回数(高齢化により食事回数の増加)
  • 糖分摂取量(清涼飲料水、あめの常用)
  • 酸性飲料の頻回摂取

などさまざまなことで虫歯リスクが高まります。

歯科医院などで歯ブラシの持ち方、入れ方、ブラシ圧、動かし方を聞き、
また糸ようじや歯間ブラシなども同時に併用し、口腔内を正常に保つことが大事です。

フッ化物を積極的に取り入れながら、
糖分摂取についてはキシリトールを代用するなどして虫歯リスクへ対応します。

患者さんの歯や口腔内の状態、症状はさまざまです。
またブラッシングスキルやケア意識、生活習慣も異なります。
これからも患者さん一人一人に合わせたきめ細やかな対応を心がけていきます!