2023åš´11æœˆđŸŒŸæ­¯ã¨åŖぎåĨåŖã‚ŗãƒŠãƒ đŸŒŸīŊœéĻ™åˇįœŒä¸¸äē€å¸‚ぎ歯åŒģč€…ã€€ãžã™ã æ­¯į§‘åŒģé™ĸ

2023åš´11æœˆđŸŒŸæ­¯ã¨åŖぎåĨåŖã‚ŗãƒŠãƒ đŸŒŸ
  • HOME
  • ブログ
  • 2023åš´11æœˆđŸŒŸæ­¯ã¨åŖぎåĨåŖã‚ŗãƒŠãƒ đŸŒŸ

â‰ĒåˇĻåŗ均į­‰ãĢ噛むīŧīŧŸâ‰Ģ  

よく噛んでéŖŸãšã‚‹äē‹ã¯ã€ã€ŒåĨåēˇã¨č‹Ĩさをäŋã¤ã€åŠšæžœįš„ãĒæ–šæŗ•ã§ã™ã€‚
しかし、晎æŽĩからよく噛んでいãĒいと噛む力はčŊãĄãĻしぞいぞす。

前回は、『噛む力』をつけるためãĢ『ã‚Ŧム』ぎ有劚刊į”¨ã‚’おäŧãˆã—ぞした。
äģŠå›žã¯ã€Žã‚Ŧム』をéŖŸãšã‚‹æ™‚ぎ上手ãĒポイãƒŗトをごį´šäģ‹ã—ぞしょう。

ã‚ŦムãĢは“į˛’ã‚ŋイプãƒģæŋã‚ŋã‚¤ãƒ—â€ãŒã‚ã‚Šãžã™ãŒã€ãžãšã€ãŠãĄã‚‰ãŽã‚ŋイプも「2į­‰åˆ†ã€ãĢしぞす。
æŋã‚ŋイプはéŖŸãšã‚‹å‰ãĢ半分ãĢ、į˛’ã‚ŋイプぎもぎはåŖãĢå…ĨれãĻから、
歯で半分くらいãĢå™›ã‚“ã§å‰˛ã‚Šã€åŗãĢもåˇĻãĢもã‚ŦムがあるįŠļ態ãĢしぞす。

ここで“噛むときぎ大切ãĒポイãƒŗト”â€Ļ2į­‰åˆ†ãĢしたã‚Ŧムを「åˇĻåŗ均į­‰ãĢ噛むこと」です★

晎æŽĩぎį”Ÿæ´ģで『ã‚Ŧム』をéŖŸãšãĻいる時ぎäē‹ã‚’思いå‡ēしãĻください。
ãã†č¨€ãˆã°â€Ļ“į‰‡æ–šãŽæ­¯ã ã‘で噛んでしぞãŖãĻいる”â€ĻそんãĒことありぞせんか。
多くぎäēēは、į„Ąæ„č­˜ãĒぎで意外ãĢ気ãĨきãĢくいことですが、
『åˇĻåŗで噛む回数が違う、一斚で噛むįŋ’æ…ŖがついãĻいる』ということãĢもįš‹ãŒã‚Šãžã™ã€‚

į‰šãĢ子おも達ãĢは、毎æ—ĨぎéŖŸį”Ÿæ´ģįŋ’æ…Ŗを通しãĻ、
čĻĒが『åˇĻåŗ均į­‰ã§å™›ã‚€ã“とãƒģå™›ã‚€åŠ›ãŽå¤§åˆ‡ã•ã€ã‚’æ„č­˜ã—ãĻäŧãˆãĻいきたいですねīŧ